法政大学能楽研究会

トップページ能楽研究会について幹事長あいさつ

幹事長あいさつ

 現幹事長からのごあいさつです。

ごあいさつ

法政大学能楽研究会のホームページにアクセスをしていただきまして誠にありがとうございます。
今年度幹事長を務めることになりました。中澤美旺と申します。

法政大学能楽研究会は創立1946年、70年間にわたり活動を続けている古典芸能系サークルとなっております。主な活動としまして、仕舞・謡のお稽古と年数回の舞台公演です。年に一回、桜が舞う季節に自主公演「法政能」を主催し、この舞台を目指し一年間の稽古の集大成としています。

加えて、他大との合同舞台交流・合同合宿や全国学生能楽コンクールの出場、学祭公演「幽玄の宵」や鈍行列車で行く楽しい合宿、会員で能を観に行ったりと、さまざまな活動を通して能楽と向き合っています。他にも希望があれば、お囃子や能面作りも可能となっております。

能楽研究会を会員全員で盛り上げられるサークルにしていきたいと思っております。良き師・シテ方観世流能楽師の小早川修先生と良きOB・OG、良き仲間に出会えたことにこの場を借りまして御礼申し上げます。そしてこれからの良き出会いに胸を膨らませています。

幹事長としましては、全てにおいてまだまだ未熟者ですので至らない点が多々あると思います。今後ともご指導ご鞭撻賜りますようよろしくお願い申し上げます。

法政大学能楽研究会・能楽に興味をお持ちの方、年中会員募集しておりますのでお気軽にご連絡下さい。
法政大学能楽研究会を何卒よろしくお願い致します。


2016.12.12 中澤美旺

幹事長紹介

中澤美旺
中澤美旺〈東京都出身〉
2015.04 能楽研究会入会
2016.11 幹事長就任

現在の幹事長紹介

・幹事長あいさつ