法政大学能楽研究会

トップページ能楽研究会について年間スケジュール

年間スケジュール

法政大学能楽研究会(能研)の一年間の予定です。

四月

・新入生歓迎祭
能研の一年は新入生歓迎祭から始まります。
紋付袴に能面、狂言面をかけ、謡囃子を奏でながら行う能研の新歓は、一見の価値ありです。

・古芸連花見
古典芸能サークル連絡会議主催の、新入生歓迎花見です。夕方から夜にかけて行われます。
参加者のほとんどが茶道研究会、三曲会への入会希望者なので、能研会員は彼らを能研へ転向させるべく工作活動を行います。

・代々木果迢会お手伝い
小早川修先生方が主催する代々木果迢会のお手伝いをします。主に舞台の清掃と、下足番です。
都内でも数少ない屋敷舞台の構造を間近に見れるので、能舞台好きにはたまらないイベントです。
清掃にはバイト代が貰えます。下足番ではバイト代として能がタダで観れます。

・靖国神社春季例大祭奉仕
靖国神社能楽堂で開催される「例大祭奉納芸能」のアナウンスや音響のお手伝いを行います。
靖国神社に対する偏見が音を立てて崩れていくひと時です(良い意味で)。
バイト代も貰えます。

五月

・古芸連あさくさんぽ
古芸連の新入生間の親睦を深める目的で、古芸連サークル員と浅草界隈をめぐるというイベントです。

・代々木果迢会お手伝い

六月

・関東観世流学生能楽連盟(関観連)前期総会
関観連の新入生の顔合わせです。一年間のスケジュール決定なども行います。
連盟加盟校の中心に法政があることもあり、総会は大抵法政大学で行われます。
総会終了後には懇親会も行われます。

七月

・五大学交流舞台
七月の第一日曜日に、杉並能楽堂において行われます。
新入生にとっては初めての舞台になるので、着物の着付けから舞台上の作法まで、緊張して覚えます。非常にほほえましい舞台です。

・靖国神社みたままつり奉仕
都内でも有数の規模を誇る夏祭り、みたままつりにおいて、能楽堂で開催される「奉納芸能」のお手伝いをします。基本春季例大祭と仕事は同じですが、つのだ☆ひろライブがあったりします。バイト代を屋台で散財したりします。

・全国学生能楽コンクール
全国にある大学能楽サークル対抗の仕舞コンクールです。法大能研は第三回から参加しています。テスト期間に開催されることも多く、毎年ひやひやしながら参加します。会場近くの熱田神宮には毎年参詣し、大会の必勝祈願と、来年度の新歓成功を祈願します。

八月

・関観連合宿・ゆかた会
関観連OBもいる大山阿夫利神社の能舞台で、ゆかたを着て発表会をします。
その後は宿坊で一泊します。夜を徹して懇親会が行われます。

・能研佐渡稽古合宿
佐渡にある現存する能舞台で一番古い大膳神社の能舞台をお借りして、稽古合宿をします。
佐渡まで鈍行列車で行ったり、フェリーに乗ったり、いろいろ楽しいです。

九月

・果迢会お手伝い
四ヶ月ぶりの使用ということで、だいぶ埃がたまっています。やりがいのあるお掃除。

十月

・関観連自演会
十月の第一日曜に杉並能楽堂で行われる舞台。一年生も合宿を終えてだいぶ上手になっています。

・修聲会
体育の日に行われる小早川修先生門下の発表会。能研からは上級生だけが参加できます。
お弟子さんの着付けのお手伝いや受付のお手伝いもします。

・日本女子大学学園祭舞台賛助出演
成瀬記念講堂で行われる自主公演に賛助出演します。合間に骨密度測定などを楽しみます。

・靖国神社秋季例大祭奉仕
能楽堂で開催される「奉納芸能」のお手伝いをします。基本春季例大祭、みたままつりと仕事はおなじですが、屋台が出ない分、秋季例大祭は寂しい感じがします。

・果迢会お手伝い

十一月

・自主法政祭自主公演「幽玄の宵」
教室にビールケースや合板を使って能舞台を作り、その上で自主公演を行います。
手作りの舞台なので何をやっても良く、以前は会終了後に賛助の皆さんと舞台の上で鍋を囲んだり、お酒を飲んだりしていました。

・自主法政祭古芸連企画「古芸連のどじまん」
能研も警備などの仕事をします。が、人数が少ないのでどうしても他のサークルに頼りがちです。ありがたや。

・関観連後期総会
この後期総会を以て代替わりを行います。終了後はやっぱり懇親会が行われます。

十二月

・関観連合自会
十二月の第一日曜日に行われます。
自演会では自分の会だけで地を組みますが、合自会では他校の流友と合同で地を組んだり、舞囃子をしたりします。
合自会に向けて数回合同稽古会も行われます。

・小早川修先生と忘年会
最後の師範稽古のあと、小早川先生御一家と忘年会があったりします。

一月

・謡い初め
新年で最初に謡うことを謡い初めと言います。本来ならば二日に行うのですが、大学がロックアウトされているので、最初の稽古日に行います。普段の稽古と同じなのに、どこか新鮮な気持ちがする清々しい稽古です。

二月

・法政能準備強化月間
二月は本格的に法政能準備に追われます。舞囃子の稽古はもちろん、パンフレットの原稿、靖国神社への連絡、懇親会の準備…。仕事はつきません。

三月

・早稲田大学観世会自主公演賛助出演
同盟校と言っても過言ではない早稲田大学観世会の自主公演に賛助出演します。
銕仙会の舞台を踏める貴重な機会です。

・法政能
三月後半の日曜日に行われる、本会の最も大切にしている舞台です。
一年間の稽古の集大成を、この舞台にぶつけます。
四年生は卒業式のあとに法政能がくることが多く、能研にとって「真の卒業式」的意味合いも深いです。(多くのサークルでは就活前に引退してしまうことがほとんどですが、能研は卒業式後までみっちり活動できますよ!)
法政能が終わると一息つく間もなく、来年度の新歓準備へと取りかかります。