法政大学能楽研究会

トップページ能楽研究会について

能楽研究会について

正式名称は「能楽研究会」ですが、紛らわしいので対外的には「法政大学能楽研究会」を名乗っております。
 法政大学能楽研究会は、戦後まもない昭和21(1946)年冬、能楽の魅力に取りつかれた本学の学生数名によって、「法政大学謡曲研究会」として発足したことがはじまりです。以来六十余年の長きにわたり、学生による能のサークルとして活動してまいりました。会員からは松本雍先生など著名な能楽研究家、能楽師を輩出しており、法政大学を代表するサークルのひとつです。

 主な活動内容としては
●能の実演(観世流の仕舞や謡)
●能面制作(檜の角材から彫り出し、彩色)
●小鼓の稽古(大倉流の独鼓)
をおこなっています。

 年に一回、自主公演「法政能」を主催し、この舞台を一年間の稽古の集大成としています。その他にも自主法政祭にて学祭公演「幽玄の宵」を行ったり、会員で能を観に行ったりと、さまざまな活動を通して能楽に向き合っています。

他大学との交流も盛んで、関東観世流学生能楽連盟(通称関観連。学習院、國學院、法政、明治、早稲田)と、五大学交流舞台(東京、一橋、法政、日本女子、早稲田)に参加しており、年数回の舞台をともにしております。

 学内では古典芸能サークル連絡会議(通称古芸連。歌舞伎、能楽、落語、茶道、三曲、書道)に所属し、自主法政祭で行われる「古芸連のどじまん」などを主催しています。

過去の栄光

                                          
第9回全国学生能楽コンクール審査員特別賞シテ大和田水緒「放下僧」小歌
第8回全国学生能楽コンクール審査員特別賞シテ中澤美旺「羽衣」クセ
第7回全国学生能楽コンクール最優秀賞シテ久保田瑠璃「天鼓」キリ
第6回全国学生能楽コンクール中日新聞社賞シテ小野信洋「蝉丸」道行
第5回全国学生能楽コンクール審査員特別賞シテ永井雅翔「鞍馬天狗」キリ
第4回全国学生能楽コンクール優秀賞シテ栁澤千代子「蝉丸」道行
第3回全国学生能楽コンクール優秀賞シテ槙小都子「桜川」クセ

他サイトにおける本会紹介ページ

【法大HP】2016「開かれた法政21」学術・文化奨励金授与式
【法大HP】2015「開かれた法政21」学術・文化奨励金授与式
【法大HP】2014「開かれた法政21」学術・文化奨励金授与式
【法大HP】2013「開かれた法政21」学術・文化奨励金授与式
【法大HP】2012「開かれた法政21」学術・文化奨励金授与式
【法大HP】2014日本文化に触れよう月間を実施
【法大HP】2013能楽研究会
【法大HP】2012コンクールで入賞


サクサポ紹介ページ

連絡先

各種連絡先です。 こちらのお問い合わせフォームもあわせてご利用ください。

住所

〒102-8160 東京都千代田区富士見2-17-1
公認サークル 法政大学能楽研究会 行

E-mail

hosei_noh◎yahoo.co.jp (◎を@に変換)

活動場所

法政大学 外濠校舎 五階和室 板の間
法政大学 富士見坂校舎 六階和室
法政大学 外濠校舎 五階513会議室(部室)※

※部室に使用している会議室は、大学の規則により年に一回引っ越しを行います。webページの情報と異なる場合がありますので、ご注意下さい。